Top Water is my dream。

アクセスカウンタ

zoom RSS 父と息子の釣行記。

<<   作成日時 : 2017/06/16 21:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

エンジョイファミリーフィッシング。

画像


画像


画像


久しぶりに愛車の屋根を見た。
普段遣いではなかなか入らない
こすり傷が無数にあった。
深くえぐれた傷を指でなぞりながら
船を車に積み降ろす時に
ついた傷だと容易に想像できた。

息子との釣行をずいぶんと重ねてきた。
その昔、まだまだ小さな子供だった息子を連れて
いろいろな場所で竿を出した。
父ひとりで船の積み降ろしに労を尽くして
どうかいい釣行になるようにと
祈ること再々だった。
そんな甲斐も空しく
もちろん釣れなかった時のほうが
圧倒的に多かったけれども、
たまにいい思いができた時、
息子のはしゃいだ姿を見るのが
至福のひとときだった。

ここ数年、ずいぶんといい釣りができていると思う。
この釣りが持つ独特の感覚を
すっかり吸収した息子の落ち着きが
お互いの釣りに集中できる一要因だ。

そんな息子も最終学歴を歩み始めた。
今までとは違った価値観の集合体に
戸惑いを見せることもあるけれど
自分なりに能力を高めようと必死になってる。

がんばれ息子。
釣れない時間が我慢できるのだから
何があっても大丈夫だ。(笑)

たまには息抜きだな。

画像


”魚釣りは魚を釣ってなんぼ。”
耳の痛くなる娘の名言だ。

家に帰っていつものようにイジられないように
今日こそはとキャストを繰り返した。

開始早々にあった一発目が
アクションからのロングステイで突っつくようなバイトだった。
今日はアクションは控えめに、
待ちの姿勢が肝だ。

風のない水面にルアーを動かした後の波紋が
はらはらと広がった。
もう一度、ゆっくりアクションして、ステイ。

辛抱たまらず喰いにかかるバスを
がっちりフッキングして、ていねいにさばいた。

調子の良い釣り場に巡り会えたとき。
パターンを確立させて複数本釣れたとき。
早くメンバーに伝えたい気持ちを抑えつつ
息子との程よいひとときを満喫できた。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


今まで数え切れない釣行の中、
またひとつ忘れられない一日が増えた。

いつの日か。
息子の運転する百戦錬磨の
傷だらけの車に揺られて、
息子が見つけてきた
桃源郷に案内されて度肝を抜かれる。

そんな日を夢に見つつ
今日もゆったりと帰路に着いた。

I love my son。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
父と息子の釣行記。 Top Water is my dream。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる